教育活動

学部および大学院で担当している授業

藤女子大学保育学科、および大学院人間生活学専攻で、以下の科目を担当しています。
時代に即した社会や家族の問題について、わかりやすくかつ学生が興味の持てる授業をしたいと心がけています。

家庭支援論

保育士資格の必修科目です。保育所の中の子どもだけではなく、子どもを取り巻く家族・家庭や、変わりゆく社会の構造を理解してもらうことを目的として います。貧困や孤立、ひとり親家庭、里親家庭、同性パートナーシップなど多様な家族について学び、共感的理解をもって接する「姿勢」について、私なりのメッセージを伝えています。

子育て支援Ⅰ・Ⅱ(理論)

藤女子大学保育学科は、子育て支援に対応できる保育者養成に力を入れています(今は保育所や幼稚園でも未就園児とその保護者への対応が求められています。。子育て支援(理論)では、まず日本の家族の変化と子育ての変化から「なぜ子育て支援が必要なのか」を学びます。さらに、諸外国の子育て支援や父親の子育て、仕事と子育て両立支援について学びます。

子育て支援Ⅰ・Ⅱ(演習)

学内の保育実習室で行う地域開放授業です。「お手てつないで」という子育て支援に地域の親子のみなさんが来てくださいます。学生たちは、0歳からの小さい子どもたちやその親 と関わることで子育てのリアリティを知り、親と関わる力を身につけていきます。おとうさん、おかあさんと学生との「しゃべりば」も楽しみのひとつです。

生活経営論

家政学の枠組みを抜けだし、女性のライフコースをメインにとりあげる授業です。「子どもを産む・産まない・産めない」から「葬送とお墓」まで、従来の「常識」ではとらえきれないライフイベントはたくさんあります。これから社会に出る学生たちの人生をエンパワーしたいと願っています。

保育学研究演習

3年生の通年ゼミです。4年生の卒業研究に向けた準備期に位置付けるゼミです。3年次にはまず、研究書を輪読し、ディスカッションすることで「ものごとを見る視点」を養います。「婚活現象の社会学」や「家族難民」など。時間がある時にはフィールドワークも行います。

卒業研究演習・卒業研究

4年生の集大成のゼミです。各自が卒論のテーマを絞り、調査をして卒論を書く。12月まで突貫工事のような作業になりますが、学生たちは懸命に取り組みま す。家族関係や少子化・子育て支援・子育て制度、などが主なテーマです。卒論指導はキビシイ一面もありますが、ときには時間外に人生を語りながら学びを深 めています。

人間生活学特講Ⅵ「子どもと社会」(大学院)

大学人間生活学専攻の特講です。子どもや若者と社会を切り口にゼミを展開しています。私自身学ぶことが多い貴重な時間です。

人間生活学演習・特別研究(大学院)

子育てやジェンダーをテーマとするゼミおよび特別研究(修論指導)です。